資料請求・お問い合わせ"
お知らせ - 部活動

NEWS

サッカー部

2020.08.23

サッカー部「もう少し・・・」

8月23日 総体代替大会 高円宮杯JFAサッカーリーグ2020石川 セカンドリーグ2回戦
相手は、鵬学園B。1ヶ月後には選手権大会でAチームと対戦し、勝たなければチームの目標である選手権大会ベスト4への進出は難しい・・・。だから、この鵬学園Bとの試合は、1ヶ月前の1回戦の小松大谷戦での大敗からの改善と、選手権大会へ向けての準備として、とても大切な試合。
チームが1つになって、鵬学園Bに挑んだ・・・。開始3分、3年石山の突破から、1年村田へのパス。村田が冷静に決めて1-0!待望の先取点を奪うことができた。
その後は、鵬学園Bがボールを支配し、チャンスを多くつかむも、金沢龍谷のGK3年山下、DF山谷、2年伊藤を中心に、チーム全員で、しっかりとブロックを構築して、失点を与えず、前半を1-0で終えた。
後半に入っても、鵬学園Bがボールを支配し、金沢龍谷がしっかりと守ってカウンター攻撃を狙うという流れ・・・。しかし、後半10分、ケガ人が1人出て、交代選手が準備している時に失点・・・。1-1となる。こうなると流れは鵬学園Bに行きがちだが、金沢龍谷もみんなで協力し合い、交代選手の力もあり、1-1という状況が続く・・・。そして、残り10分。両チームとも、暑さで体力的に厳しい状況の中、金沢龍谷、村田が中央ペナルティーエリアの外から豪快なミドルシュートを決め、2-1と再度突き放すことに成功した。
疲れがピークに達する中も、得点で気持ちが高まり、金沢龍谷の守備が勢いを取り戻す。
しかし、それ以上に王者鵬学園のBチームとしてのプライドが選手たちの身体を動かし、攻撃の勢いも増す・・・。意地と意地のぶつかり合い・・・。そんな中、守備の中心、山下・山谷・伊藤が足が痙攣し始め、山谷が交代。残りロスタイム6分・・・鵬学園Bに同点ゴールを奪われ2-2。さらに鵬学園Bが勢いを増し、残り3分・・・逆転ゴールを奪われ、試合終了・・・。劇的な大逆転負け・・・という悔しい敗戦を喫した。
目に涙を浮かべる選手もいて・・・その悔しさは、深く心に響くものであった。

もう少し・・・あともう少し・・・。せめて同点で終わる力があれば・・・。いや・・・勝ちきる力がほしい・・・。

この「もう少し」の差をこれからみんなで埋めていこう。

思い返せば1年前・・・。選手権大会予選2回戦で星稜に残り10分に1-2から2-2へと追いつき、さらには逆転を・・・という試合を経験した。しかし、結果は残り6分から2-4・・・。

昨年のチームに追いつき追い越そう!!と頑張ってきた3年生のみんな・・・。

選手権大会予選1ヶ月前に、このような「もう少し」という大きな経験をした。この悔しさを、この経験を、この「もう少し」をチャンスに変えるんだ!!

日々の練習・・・。1歩でも、あと少しでも、全力を尽くして前へ進んでいこう!
日々の生活でも・・・。自分自身を見つめ直してみよう。
諦めていないか?妥協していないか?感謝はできているか?当たり前に思っていないか?

3年キャプテン松永のノートの表紙には「凡事徹底」の言葉がある・・・。

「凡事徹底」とは・・・
当たり前のことを当たり前にやるのではなく、当たり前のことを人には真似できないほど一生懸命やるという意味。
みんなは頑張っている!怠けてなんかいない!しかし、真面目にがんばっていても、成果を上げられない人がいる・・・。それはどんなところで差が出てくるかというと、「微差・僅差の積み重ねが大差」となる。
微差・・・僅差・・・ もう少し・・・。その積み重ねがこの差を埋める!!

みんなで人には真似できないほど一生懸命、毎日を生きよう!毎日を楽しもう!全力を尽くそう!

この悔しさを。この経験を。必ずや人生の糧にする!!

金沢龍谷高等学校

〒920-0374 石川県金沢市上安原町 169-1

Tel.076-240-7777Fax.076-240-7781

Tel.076-240-7777Fax.076-240-7781

資料請求・お問い合わせ 学校案内デジタルパンフレット