資料請求・お問い合わせ"
お知らせ - 部活動

NEWS

サッカー部

2020.07.13

サッカー部「サッカー最高!!」

「サッカー最高 !!」
新型コロナウイルス感染症拡大のため、部活動が制限された。しかし、みんなが自粛生活をしっかりと頑張ったから、6月に入り始めは、分散登校に従い、部活動も分散活動であったが、6月15日から全員での部活動が再開された。
最初は、なかなか身体が思うように動かず、うまくいかないことも多かった・・・。でも、みんなで大好きなサッカーができることが本当に嬉しい!!
そして、やはり大好きなサッカーをやるには、みんなの目標である選手権大会「ベスト4以上」を
目指して明るく元気に前向きに取り組んで行く!!
その目標を達成するために、練習・練習・練習試合・・・。そしてまた練習・練習・練習試合・・・。
対戦相手は、昨年の選手権大会ベスト4。鵬学園・金沢桜丘・そして星稜。
6月28日 初の練習試合の相手は、王者鵬学園。結果は0-3(0-1、0-2)。一方的にボールを支配され、なかなかボールを奪うことができず、攻撃につながらない。ボールを奪ったとしても、さず
がは王者鵬学園。切り替えのスピードが速く、すぐに失ってしまいなかなかチャンスを作れない。
粘り強く守るものの、0-3という点差以上に力の差を感じた内容であった。
しかし、そんな最初の練習試合で、1年生が3人スタメンで出場。さらには後半、新たに3人が出場し、高校サッカーの県内トップレベルのスピード感を味わうことができた。こうした刺激・経験が今後の力になる・・・。

次の1週間は、鵬学園戦の課題を洗い出し、7月5日の金沢桜丘戦に向けて、みんなでミーティングと練習を重ねた・・・。
7月5日 金沢桜丘戦。鵬学園戦で運動量が足りない・・・という課題をいただき、この1週間。考えて走った。その成果が出て、2-0(2-0、0-0)という形で勝つことができた。チームとして、どう助け合い協力してプレーするか。どう運動量を増やしていくか・・・。とにかくうまくやることではなく、全力を出し切ることを大切にした。
みんなが攻守において躍動し、1対1ではなく、2対1、3対1の状況を作り、ボールを奪い攻撃につなげようとチャレンジしていた。
前半、中盤でいい形でボールを奪い、左からサイド攻撃。クロスボールからシュートのこぼれ球をFW1年村田が押し込み先取点。さらに前半、MF1年月田が中盤ミドルレンジから、豪快なロングシュートを決め2-0。多くのセットプレーを相手に与えたが、GK3年山下を中心に堅い守りが崩れず、2-0で勝つことができた。
1年生5人がスタメンで出場。その他にも、2人が出場したくさんの刺激をいただいた。1年生の大活躍の裏には、2・3年生の献身的なチームプレーが目を引いた。勝つ試合には、こうしたチームプレーが随所に観られ、観ている人の心を震わせる力がある・・・。こうした試合を積み重ねていくことが大切・・・。
次の星稜戦に向けて、良かったところをさらに伸ばし、課題を克服するために、みんなでいい練習をする・・・。
7月12日 星稜戦。桜丘戦以上の運動量、そして助け合い協力する力を意識した。結果は0-2(0-1、0-1)。やはり星稜は強かった。ボールの奪いどころを絞れず、中央に集められショートパスでかわされ、大きなサイドチェンジで振られ、クロスボールに飛び込んでくる。強い時の星稜のサッカーだ。決して難しいプレーではない。しかし、1つ1つの判断、パス、コントロール、連動・・・全ての質が高い。星稜がどんな練習、日頃どんな生活を心がけているかが感じられるような質の高いプレーを観て、感じることができた。

「サッカーは最高だ!!」
こうした毎日の積み重ね、練習試合での刺激・経験が一人一人の人生を豊かにするヒントがたくさん込められている。一緒に練習する仲間から・・・。練習試合で対戦するサッカー仲間から・・・。みんなを応援してくれる家族から・・・。サッカーには、みんなが人として成長するためのメッセージがあふれている。
こうしたヒントやメッセージを感じる心を大切にしよう。
感じる心を磨くには・・・普段の生活での「目配り・気配り・心配り」。

感謝の気持ちを大切にし、大好きなサッカーを通じて、どんどん成長していこう!!
やっぱり「サッカーは最高に楽しい!!」

金沢龍谷高等学校

〒920-0374 石川県金沢市上安原町 169-1

Tel.076-240-7777Fax.076-240-7781

Tel.076-240-7777Fax.076-240-7781

資料請求・お問い合わせ 学校案内デジタルパンフレット